チャリティレポート

たすけあおう日本!

わたしたちVecchioBambinoは今までもこれからも、夢を叶えた大人たちが大好きな自動車で力いっぱい遊んだ結果、生まれた浄財を「今お困りの方に寄り添う」ためのチャリティ活動を主軸としたクラシックカーラリーであり続けたいと考えています。
以下にこれまで8年間・13回のチャリティ活動の軌跡をご報告させていただくとともに、今後なお一層のご理解・ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

2019年春季大会までのチャリティ活動についてご報告させていただきます。

  • 2019

    4月に開催したラリーで、チャリティーオークションと募集にお寄りさせていただいた浄財はこれまで通り、西日本豪雨災害被災地の復興支援のため、山陽新聞社会事業団とYMCAせとうち・おかやまバトンの3団体に寄附させていただきました。

  • 2018 2018

    4月と10月に開催したラリーと11月のノスタルジックカーフェスティバルで、チャリティーオークションと募金にお寄せていただいた浄財はこれまで通り、交通事故遺児就学支援金と東日本大震災被災地の子どもたちの受け入れ活動支援金として、そして西日本豪雨災害被災地の復興支援のため、山陽新聞社会事業団とYMCAせとうち・おかやまバトンの3団体に寄附させていただきました。

  • 2017 2017

    4月に開催したラリーで、チャリティーオークションと募集にお寄りさせていただいた浄財はこれまで通り、交通事故遺児就学支援金(山陽新聞社会事業団に寄託)と東日本大震災被災地の子どもたちの受け入れ活動支援金として、YMCAせとうち・おかやまバトンの3団体に寄附させていただきました。

  • 2016 2016

    春・秋のラリーとノスタルジックカーフェスティバルを通じ、お寄せいただいた浄財は熊本の震災復興支援・交通事故遺児就学支援金(山陽新聞社会事業団に寄託)と東日本大震災被災地の子どもたちの受け入れ活動支援金として、YMCAせとうち・おかやまバトンの3団体に寄附させていただきました。

  • 2015 2015

    春・秋のラリーとノスタルジックカーフェスティバルを通じ、お寄せいただいた浄財は交通事故遺児の就学支援金 (山陽新聞社会事業団に寄託)と、東日本大震災被災地の子どもたちの受け入れ活動支援金として、YMCAせとうち・おかやまバトンの3団体に寄附させていただきました。

  • 2014 2014

    春の岡山・秋のしまのわとノスタルジックカーフェスティバルを通じ、お寄せいただいた浄財は東日本大震災・広島の土砂災害復興支援(山陽新聞社会事業団に寄託)と、被災地の子どもたちの受け入れ活動支援金として、YMCAせとうち・おかやまバトンの3団体に寄附・寄託させていただきました。

  • 2013 2013

    天候不順のため、前年を募金総額は下回ったものの、26万円を東日本大震災復興支援(山陽新聞社会事業団に寄託)、YMCAせとうち・おかやまバトンに各13万円を被災地の子どもたちの受け入れ活動支援金として活用させていただきました。

  • 2012 2012

    東日本大震災復興支援と交通事故遺児の就学支援(山陽新聞社会 事業団に寄託)活用させていたたきました。

  • 2011 2011

    チャリティオークションと募金でお寄せいただいた浄財に寸志を足し、東日本大震災復興支援(山陽新聞社会事業団に寄託)としてお贈りさせていただきました。
    (プレ大会のため、これまでの開催数カウントには入っておりません)

お関わりいただいたすべての皆様のおかげで、これまでの8年間、13回のラリーと5回のノスタルジックカーフェスティバルを通じて総額約1,618万円を「今お困りの方」のためにお役立ていただきました。今後ともご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

ページトップへ戻る